Archives : 民家

南ジャカルタで火災、10代の少年が焼死

中央ジャカルタのベンドゥンガン・ヒリルの民家で火災があり、10代の若者が逃げ遅れて焼死する事故があった。13日付英字紙ジャカルタポストが伝えた。中央ジャカルタ警察のスヨトノ報道官が語ったところによると、火災は12日の朝に発生し、火のまわりが早かったことから、16歳の少年アドリアンくんが2階で逃げ場を失って焼死したとのこと。隣家の住民によると、午前9時頃に火災が発生したことに気付き、消火しようとしたができなかったとのこと。また、近隣の住民の話ではアドリアンくんには知的障害があったとのこと。16台の
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news