Archives : 東ヌサトゥンガラ

パサールで賭博 6人を逮捕

東ヌサトゥンガラ諸島の地方警察は、賭博をしていたとして、クパン市出身の6人の男を逮捕した。地元警察の広報は、6人はパサール・オエバという魚の競り場でカード賭博をしていたと9日、コンパス紙の取材で明らかにした。 一般市民から賭博をしていると通報があり、駆け付けた警察官が現地時間の21時頃現行犯で逮捕したという。29歳から42歳までの6人の男の職業は自営業者か漁師だった。警察は他にも証拠品として260万ルピアと3箱程のドミノカードを押収している。容疑者たちは証拠品と共に現地警察に拘留されているが、
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news