Archives : 有罪

バス運転手有罪判決にアホック知事が不満

 昨年11月にバス専用レーンでオートバイとトランスジャカルタのバスが衝突し、オートバイの男性が死亡した事故に関して、西ジャカルタ地方裁判所は、バスの運転手に2年半の禁固刑を言い渡した。この判決に対してバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事が疑問を投げかけている。17日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  「バス専用レーンはバスしか走ってはいけないのだからバスの運転手が有罪になるのはおかしい」とアホック知事は述べ、バス運行会社に控訴するように求めた。この事故は、ジャカル
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

Find Another news