Archives : 有料道路

イ政府、有料道路案件への外資誘致で世銀との協力に期待

インドネシア政府は、同国の有料道路建設事業に外資からの投資を引きつけるため、世界銀行との連携に期待を示している。インドネシア政府は世銀と連携して、有料道路プロジェクトの基準を設定したいとしている。これにより、海外投資家の信頼を得たいという。 有料道路規制庁(BPJT)のヘリー・トリサプトラ・ズナ長官は、「これまでのプロジェクトは事前の準備体制が不十分で、海外投資家の信頼を勝ち取ることができなかった」と指摘する。こうした中で、世銀の協力を得ながら、有料道路プロジェクトの基準を設定したいという。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

ジョコウィ大統領が指示、「ボゴール?スカブミ有料道路の建設急げ」

インドネシアのジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は、西ジャワ州ボゴール、チアウィ、スカブミを結ぶ有料道路の建設を急ぐよう命じた。21日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 このプロジェクトは1997年に始まったが、その後民間の開発会社数社が4回も別々に起工式を実施したものの、建設が進まずに停滞していた。このため、国営建設ウィスキタ・カルヤがプロジェクトを担うことになった経緯がある。 有料道路の総延長は54キロで、総工費は7兆7000億ルピア(約5億8004万米ドル)に上
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

有料道路 2018完成目指す カリマンタン

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領がインフラ開発の状況を視察する為に再びバリクパパンを訪問した。今回の視察は2010年から始まっていたが、土地収用の問題で中断されていたバリクパパンからサリマンダの有料道路プロジェクト工事が継続されているかの確認が目的。ジョコウィ大統領によると、このような問題はインフラ開発にはしばしば起こることで、この問題が解決されれば完成に時間はかからないとのこと。工事は中断していたが、2015年11月に大統領が知事に強く依頼し再開したとプレリリースで伝えられている。プロ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news