Archives : 暴行

誘拐犯と誤解 群集が無実の男性を殺害

西カリマンタン州ムンパワ県で3月26日、ママン・スディマンさん(50)が地元の群集に暴行され死亡する事件が起こった。地元警察によると、暴行の背景にはママンさんが子供を誘拐していると噂があったからだという。 事件発生時、他の住民からの通報で警察は暴行現場に駆け付けたが、警察の人数が少ないうえに群衆はますます凶暴になっていった。さらに現地では電波がなく、警察は携帯電話で応援を呼ぶこともできなかったという。警察がママンさんを救出したものの、およそ600人にまで膨れ上がった群集は暴行を止めようとしなか
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

女子大生を集団暴行 友人ら4人逮捕 バンドン

バンドン市内の私立大学に通う女子大生が1月24日、同市内のアパートで友人4人から集団で暴行を受け怪我を負う事件が発生した。 現地警察によると、女子大生と友人の1人がソーシャルメディアで揶揄し合ったことが原因という。それに不満を抱いた友人が、「殴られているから助けてほしい」と嘘をついて女子大生を呼び出し、待ち伏せていた仲間と一緒に殴る蹴るの暴行を加えた。友人らは女子大生の腕に煙草の火を押し付け、自分の痰を飲むように強要し、金銭を要求するなどした。 これを受けて、女子大生の従兄は事件に関与した友
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック知事候補の選挙活動ボランティア 10人から暴行される

ジャカルタ特別州知事候補のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)氏の選挙キャンペーンにボランティアとして参加しているウィドドさんが6日夜、西ジャカルタの大通りで、突然10人の男に殴られ重傷を負った。ウィドドさんが屋台の椅子に座っていると突然、10人の男が近寄ってきて、殴りかかってきたという。 現地警察は、暴行の裏にある動機については言及しなかったが、犯人の1人とウィドドさんは顔見知りで以前にも頻繁にトラブルがあったという。ウィドドさんはその後、すぐに病院に搬送されたが、顔はひどく腫れあがり
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

借金7万5000ルピアが原因でリンチ 少女3人を逮捕

南スラウェシ州ピンラン県で11月21日、少女3人による暴行事件が発生した。被害者の少女(16)に加害者の1人が借金7万5000ルピアを返済しない事が原因だった。被害者によると、何度も口約束ばかりで返済してもらえず頭にきたので、フェイスブックに写真を載せて中傷したため加害者たちの恨みをかったという。 事件の直前、加害者の1人が歯医者に送ってほしいと嘘をつき、別の少女2人が待ち伏せする人気のない場所へ被害者を連れ出した。そこで殴る蹴るの暴力を加え、その様子を別の加害者が携帯電話でビデオ撮影し、フェ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

バティック売りの日本人女性 恋人に殴られ入院

南ジャカルタのカリバタ・シティで10月21日、日本人女性のイシイ・サオリさんが恋人に殴られ入院する事件が起きた。サオリさんはバティックのビジネスのためにジャカルタへ来ていた。サオリさんの父は日本人で母はスラバヤ出身。以前はスラバヤに両親と住んでいたという。 現在もサオリさんは入院中で、右目には殴られた痣がはっきりと残っている。恋人がサオリさんに暴力をふるったのは今回で2回目。最初はプラザ・スマンギの駐車場の車の中で、恋人はもう二度としないと約束したがアパートで悲劇はまた起きた。サオリさんは殴っ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

バイクタクシーの運転手 殴られバイクを奪われる

西ジャカルタでバイクタクシーの運転手が殴られた上にバイクを強奪される事件があった。14日のインドネシア英字紙ジャカルタポストが報じた。 アプリ配車方式のバイクタクシー(オジェック)の運転手ハフィズさんが13日の夜遅くに南ジャカルタ・ウルジャミの自宅に帰ろうとしていたところ、西ジャカルタのジョグロの道端で女性が泣いているのに気がついた。ハフィズさんが女性になぜ泣いているのかと尋ねたところ、女性は子供が病気なので自分を家まで送ってほしいと頼んだ。そこで、ハフィズさんが女性を自宅に送り届けようとして
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

雇用主がメイドを虐待

中央ジャワのクドゥス県でメイドとして働いていたムフィアトゥンさん(25)が、雇用主(28)により腹部にアイロンを押し付けられたことが原因で、胃に感染症を患い現地の病院で治療を受けている。 専門医によると、病気自体の治療は難しくないが、精神的にダメージを受けているため、精神科医にかかる必要があるという。雇用主にしばらくの間、監禁されていたことも原因とみられる。被害者の家族は「娘が心身共に元の状態に戻ることを望んでいるが、金銭的な手助けも必要。そこで働くことを反対していたが、結果このようなことにな
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

教師に暴力 生徒と父親を逮捕 マカッサル

マカッサルの公立中学校の教師(52)に暴力を振るったとして、11日、同校の生徒(15)とその父親(43)が逮捕された。生徒もまた教師に殴られたと主張しており、警察は診断書の結果を待っている。被害者の教師は、口や鼻から流血し、顔面に傷とあざができている。 事件の発端は、生徒が授業中に勉強しなかったため、教師が注意したこと。その後、教師は生徒の肩を叩き、教室から出るように命じた。教室を出された生徒は、事の次第を父親に携帯電話で報告。すぐに駆け付けた父親が、いきなり授業中の教師の顔を殴りつけた。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

3人のストーカーが女性を暴行・殺害

 タンゲランの従業員の女性(19)が3人のストーカーに残忍な方法で殺害された。容疑者はヤクニ(16)、ラフマット、イマンという3人の男。  被害者は地元で有名な美人で多くの男性から人気があった。容疑者の1人ヤクニは殺害には関与したが、妊娠を恐れ、性的暴行には加わらなかったと主張。一方ラフマットは被害者に性的暴行を加え、殺害したと認めた。イマンも殺害に関与し、被害者の顔をフォークで何度も傷つけた。いずれも被害者への想いが実らなかったことが共通の動機だが、この3人は元々知り合いではなかったという。
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

未成年のメイドへ暴行か 南ジャカルタ

5日午後、南ジャカルタのクバヨラン・ラマに住んでいる使用人の少女(16)が雇い主に暴力を受けたと警察へ訴えた。暴力から逃れるため、少女は雇い主の家の2階から飛び降りたという。 家事労働者擁護ネットワーク(JalaPRT)は16歳以下の使用人に対して、雇い主が暴行をした疑いがあるとして非難し、当局へ捜査を依頼した。また法的援助団体も、精神的および法律的に被害者を手助けできるように協力するとしている。 家事労働者擁護ネットワークのコーディネーターであるリタ氏は「我々は被害者に対するこの雇い主
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news