Archives : 整備

アホック知事 障害者の為の歩道整備を提言

バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は、障害者に対する配慮として、ジャカルタのすべての歩道を整備したいとの考えを表明した。 歩道にある障害者用のガイドタイルはすでに色あせ破損し、また路上に観葉植物が置かれているためにその役割を果たせていないという状態にある。「2600キロメートルにわたる幹線道路や主要道路を整備するために、年間で1000億ルピアの州予算を使うことになる。25年を要する歩道整備の開発には開発業者の分担金を期待している」とアホック知事は語っている。 またこの機会を活用し
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news