Archives : 携帯電話

ペイジェントの多通貨決済サービスがインドネシアルピアに対応

インターネット・携帯電話上での収納代行事業の「ペイジェント」(東京都渋谷区、上林靖史社長)は1月14日、多通貨決済サービスの対応通貨にインドネシアルピアを追加し、対応通貨が22通貨へ拡大したと発表した。  ペイジェントは、2013年9月に決済代行業として国内で初めて、国内クレジットカード会社と連携し「多通貨決済サービス」を開始した。 特徴は、現地法人を立てることなく、国内法人のまま多通貨決済サービスを提供することが可能な点。これまで、アメリカドル、韓国ウォン、ニュー台湾ドル、香港ドル、シンガポ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news