Archives : 損失

ガルーダ、赤字計上で路線の事業評価実施へ

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は、第1四半期(1~3月)の決算で損失を出したことを受け、内外の路線20路線の事業評価を行う意向だ。 ガルーダは第1四半期に8949万米ドルの赤字を計上した。同社は2015年第1四半期には807万米ドル、2016年第1四半期には7448万米ドルの黒字を確保していたが、2017年は赤字に転落した格好だ。こうした中、ガルーダのベニー副社長は「わが社は傘下の格安航空会社(LCC)シティリンクの事業コストを削減するとともに、同社の売上高を引き上げることを目指
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

偽造品が横行、イの経済損失は65.1兆ルピア

インドネシアの反偽造品社会(MIAP)の調査で、偽造品がインドネシア経済に65兆1000億ルピアの損失を与えていることが分かった。 MIAPは今回、インドネシア大学エコノミクス・スクールと連携して調査を実施した。この結果、インドネシア政府は、ソフトウエア販売における税収において、4240億ルピアの損失を被っていることも明らかになったという。 偽造品が多い4分野はプリンターのインク、洋服、革製品、ソフトウエアとなっている。MIAPのクスマー事務局長は、「製造業者、販売業者、法執行機関、消費者と
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

住友商事、子会社がインドネシアの商業銀行出資で損失計上

 総合商社の「住友商事」(東京都中央区、中村邦晴社長)は4月1日、平成28年3月期決算で、同社が保有する子会社株式について、出資しているインドネシア商業銀行の株価下落に伴い損失を計上すると発表した。  同社は、100%子会社である「Summit Global Capital Management B.V.」(=SGCM、オランダ)を通じて、インドネシアの商業銀行である「PT.Bank Tabungan Pensiunan Nasional Tbk」(BTPN)に対し 20%出資(2015年12
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

Find Another news