Archives : 捜査課

ジャカルタ特別州警視庁犯罪捜査課 尿検査実施

ジャカルタ特別州警視庁犯罪捜査課は、同州保健局による尿検査を実施したと、9日、クリシュナ・ムルティ氏が発表した。同氏は「この尿検査の目的は、職員の覚醒剤反応、大麻反応を調べ、麻薬常用を防ぐこと。検査は定期的に行われている」と語った。 検査で調べる成分は、アンフェタミン、メタンフェタミン、THC、アヘン、モルフィネ、ベンゾヂアゼピンの6つ。検査の対象者については、ムシャファク警視庁署長が「階級の高い職員や警察官も検査を受けている」と捜査課全員が対象であることを明らかにしている。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news