Archives : 感電

両手がなくても強く生きる 写真編集ビジネスで成功

中央ジャワ州ワノソボ県に住むフィルマンさん(24)は9年前、高電圧に感電して重傷を負い、両手を切断した。フィルマンさんは生きていく意味を感じられず、誰とも会わずに家に引きこもる生活が1年ほど続いていた。 そんな中、同じ障害を持つアチェンさんとの出会いがフィルマンさんの人生を変えるきっかけとなった。アチェンさんは、体に不自由があっても、再び仕事を始めるようフィルマンさんを元気づけ、得意の音楽活動にも誘った。次第に心を開いたフィルマンさんは、同じように障害を持つ人々と社会局のリハビリセンター(RC
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

小4 男児 水田のあぜ道で感電死 スマラン

中部ジャワ州スマラン県にある水田のあぜ道で12日朝、男児が死亡しているのが発見された。現地警察によると、最初は身元確認が取れなかったが、服装の特徴などから、男児は同州サラディガ市カウマン・キンドゥルに住む小学4年生のセノ・ワヒュー・グナワン君(10)と判明。 現場検証によるとセノ君は、街路灯の垂れ下がった電線に感電したものとみられている。医療チームも検死報告書でセノ君の右手や肩の左側に火傷の跡があったとし、感電による事故死という見方が強まっている。しかしなぜセノ君が現場にいたのかは今も分かって
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

建設作業員が感電死

北ジャカルタで建物の修繕を行っていた作業員の1人が、ランプに触れたところ感電し死亡する事故があった。 事故があったのは北ジャカルタのコジャにあるイスラム教施設で、複数の建設作業員が作業を行っている最中だった。北ジャカルタ警察のスンコノ報道官によると、死亡したのはパンジさん(22)で、病院に搬送中に亡くなったとのこと。パンジさんが他の作業員らと共に夜間に排水溝を掘っていたところ、辺りを照らしていたランプの1つが上から落ちてきた。パンジさんがランプを拾いあげたところ、パンジさんの体が突然激しく震え
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news