Archives : 強制捜査

違法薬品 小売店も立ち入り捜査

国家警察と医薬品食品管理庁(BPOM)はジャカルタとバンテンにある数軒の小売店を強制捜査し、使用期限切れや流通許可の出ていない違法薬品を押収した。数日前にバンテン州タンゲラン県バララジャで工場兼倉庫を強制捜査したところ、約4200万錠の違法薬品が発見され、同2市にその違法薬品が集中的に流通した疑いがあるとみられている。 薬局では薬の管理が厳しい一方で、違法薬品は販売資格を持っていない売店などで日常的に販売されている。違法薬品は主に痛み止めの薬品で、法律で使用が規制されている成分が含まれており、
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news