Archives : 建設事故

高架工事でクレーン転倒、民家に激突

南ジャカルタのクバヨラン・バル地域を東西に走るキャイ・マジャ通りで15日、建設中の高架道路工事に使用中のクレーンが転倒し、民家の一部を損壊する事故があった。16日付け英字紙ジャカルタポストが伝えた。この高架道路は公共バス・トランスジャカルタの新路線である13番線となる予定で来年9月の完成を目指して今年3月から工事を行っている。ジャカルタ州警察によるとこの事故での負傷者は無く、民家の2階が壊れただけとのこと。この民家は警察の元総監のロニー・リハワ氏の家であることが分かっている。事故の目撃者によると
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

建設現場からコンクリート柱落下 ロンボク国際空港

10月17日の14時頃、ロンボク国際空港のバイパスに建設中の橋から、コンクリートの柱が落下し、作業員らが大怪我を負った。ロンボク警察は、現在原因を調査中である。被害者は全員がマタラム市内のRSUD病院に運ばれたが、東ロンボクに住むある作業員は、この事故で両腕が切断されてしまったという。他にも両手首が切断されてしまった重症患者が出ている。2つのコンクリート柱に挟まれ動きが取れなくなってしまった作業員もいたため、救出作業は難航し、約4時間に渡った。事故の原因は調査中ではあるが、突然起こった出来事であ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news