Archives : 工事

首都のMRT建設 60%が完了

首都ジャカルタで建設中の都市高速鉄道(MRT)南北線の工事について、建設を行っているPT MRTジャカルタ社は、11月30日現在で工事の60.22%が完了したと発表した。同社によると、高架部の工事は42.7%、地下部の工事は77.8%が完了したとのこと。 高架部は南ジャカルタのルバック・ブルスからファトマワティ通り、ブロックM周辺を経てスナヤンの青年の像近くまでを結ぶ。一方で、地下部はスナヤン駅から、イストラ駅、ベンドゥンガン・ヒリル駅、スティアブディ駅、ドゥク・アタス駅を経て、ホテルインドネ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

杭打ち機が横転 子供が怪我

東ジャカルタの住宅街で工事現場の杭打ち機が横転し、民家を直撃。屋内にいた5歳の子供が軽い怪我をする事故があった。 事故の現場はハリム・ペルダナクスマ国際空港の近くで、次世代型路面電車(LRT)の工事が行われている最中だった。4日の午前9時頃、高さ20メートルのドリルを備えた杭打ち機が傾きながら横転。近くのアスマニさん(56)の家を直撃した。この事故でアスマニさんの家は前部が大破。アスマニさんの娘の話では、5歳になるアスマニさんの息子が壊れた家の残骸で軽い怪我を負った。工事を行っていた国営建設会
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

高速鉄道の工期、大幅に遅れる見通し

2月26日付英字紙ジャカルタポストは、ジャカルタとバンドゥンを結ぶ高速鉄道の完成が予定よりも大幅に遅れる見通しだと伝えた。1月に起工式を行ったものの、その後、計画の見直しや許認可に関わる書類の提出が遅れるなど、未だにいつから工事が始まるかがはっきりとしていない。イグナシウス・ジョナン運輸大臣は「工事開始はまだまだ先の話だ」と述べ、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が早期着工を望んでいるとはいうものの、インドネシア初の高速鉄道の安全性を十分に確保するために、徹底した調査とデータ収集を進めるべ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news