Archives : 尿検査

ターミナルでバス運転手に抜き打ち尿検査

ランプン州の地方麻薬機関が、バンダールランプン市のラジャバサ・ターミナルで57名のバスの運転手に対して抜き打ちの尿検査を行ったところ、2名からアンフェタミンの陽性反応が出た。 2人の運転手は心臓病と喘息を患っており、薬を飲んだばかりだったと主張している。2人は県をまたぐ長距離バスの運転手であったため、当局は、病気で薬を飲む必要のある運転手は、乗客に危険を及ぼす可能性があるため、バスを運転してはならないと忠告した。 この日より3日間、バスの運転手だけでなく、港で働いている者や、電車の運転手に対
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ジャカルタ特別州警視庁犯罪捜査課 尿検査実施

ジャカルタ特別州警視庁犯罪捜査課は、同州保健局による尿検査を実施したと、9日、クリシュナ・ムルティ氏が発表した。同氏は「この尿検査の目的は、職員の覚醒剤反応、大麻反応を調べ、麻薬常用を防ぐこと。検査は定期的に行われている」と語った。 検査で調べる成分は、アンフェタミン、メタンフェタミン、THC、アヘン、モルフィネ、ベンゾヂアゼピンの6つ。検査の対象者については、ムシャファク警視庁署長が「階級の高い職員や警察官も検査を受けている」と捜査課全員が対象であることを明らかにしている。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news