Archives : 小学校

小学生たちがアホック知事を訪問

赤いTシャツを着た数十人の子供たちが、9月28日、ジャカルタ特別州庁舎を訪れた。訪れたのは西ジャカルタにあるブクティ・シオン小学校の5年生の子供たち。子供たちの目的はバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事との面会で、州庁舎訪問は同小学校5年生の研究課題でもある。州庁舎訪問後は銀行博物館や国立博物館を訪れた。 アホック知事が部屋から出てくると、子供たちは一斉に小走りに駆け寄った。アホック知事も笑顔を返し、快く写真撮影に応じた。写真撮影後、子供たちは握手をするために列に並んだが、同氏の名刺
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

南タンゲラン 小学校の教室足りず 台所で学習

南タンゲラン市のカデマンガン公立小学校では、教室が足りず生徒たちが教室以外の場所で学習することが日常茶飯事になっている。同校の部屋は全部で8室。5クラスの教室、職員室兼校長室、倉庫、そして台所もある用途多様な1室を設けている。その台所のある部屋で生徒たちは学習している。その部屋には、本棚、台所用品やガスコンロが置かれているほか、隅には保健室の設備、中央にはお祈りマットが敷かれており、247人の生徒たちが交代で利用している。スへンディ校長は「1984年の創立以来ずっと教室は足りていない。南タンゲラ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

小学校の屋根が崩落、児童5人が怪我

西ジャワ州デポックで小学校の教室の屋根が崩落する事故があり、児童5人が怪我をする事故があった。2月27日付けの英字紙ジャカルタポストが伝えた。事故があったのはデポックの第6カリバル公立小学校で、午前7時頃に子供たちが学校に登校しはじめたところで、突然4つの教室の屋根が崩れ落ちたとのこと。怪我をしたのは2年生3人と1年生2人の計5人で、いずれも頭部に軽傷を負った。これらの児童は近くの病院に運ばれ、治療を受けた。警察が事故の原因について調査を行っているが、この小学校はおよそ6年前に改修を行ったばかり
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news