Archives : 密輸

覚醒剤の運び屋4人を逮捕 北スマトラで

北スマトラ州のクアラナム国際空港で5日、覚醒剤メタンフェタミンを隠し持ち、西ジャワ州まで運搬しようとした容疑で、同州バンドン市在住の4人が逮捕された。4人は25歳から34歳の男性で、同空港でスカルノハッタ国際空港行きの旅客機を待っている際に逮捕された。 空港の係員が4人のうちの1人が奇妙な歩き方をしているのに気付き調べたところ、両脚の間に覚醒剤を隠していた。4人それぞれが750グラムずつを同様に隠し持っていたとのこと。当局は4人の所持金が少なく、空港内についてあまり知識が無かったことから、4人
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

フィリピンからの貨物船に多数の密輸品

北スラウェシ州の税関当局によると、同局は10月に密輸の疑いでフィリピン船籍の船KMロッド・レース号の乗組員5人を逮捕したが、公表を控えていた。フィリピン総領事館などとの調整に時間がかかっていたのが公表が遅れた理由。フィリピンから出発した同船は同州のサンギヘ県の港に向かって航行中に税関により停止を命じられ、乗船していた5人がその場で逮捕された。 税関の調査によると、同船には通関書類に記載されていない荷物が多数積まれており、ワイン708本、ラム酒60本、コカ・コーラ2556本の他、4716本のサプ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

越と星の船3隻をだ捕、違法漁業と密輸容疑で

インドネシア政府はこのほど、リアウ諸島州のナトゥナ沖で、違法操業をしていたとして、外国船籍の船3隻をだ捕した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が17日付で報じた。 インドネシア海軍のアーン・クルニア氏は17日、「ここ4日間で、ベトナム船籍の船2隻とシンガポール船籍の船1隻を違法操業の疑いでだ捕した」と説明した。ベトナム船籍の船2隻は13日にだ捕されたという。だ捕したベトナム船籍の船は正式な許可なしに、トロール網を使い漁を行っていた。また、今回、船員の男性15人も拘束したという。 シン
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ズボンの中にヘビ?密輸容疑で男を逮捕

バンテン州タンゲランのスカルノ・ハッタ国際空港からガルーダ・インドネシア航空のフライトでサウジアラビアのジェッダに向かう予定の男が、ヘビの密輸容疑で逮捕された。18日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 男の名はコウフィア・ジハド・ザキで、16日、同空港のターミナル2のセキュリティゲートでX線検査を受けたところ、ズボンの中に10匹のヘビがいるのが見つかりその場で逮捕された。ヘビは黒い布袋に入れられてズボンの中に隠されていた。ザキ容疑者は直ちに空港を運営するアンカサ・プラIIの事
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ジャカルタ州警察 密輸スマホの多量輸送を摘発

インドネシア消費者協会のトゥルス・アバディ会長は、最近発覚した多量のスマートフォン(スマホ)密輸事件に関連して、ジャカルタ州警察に対して不正な取り引きを食い止めるため捜査を強化するよう強く要望した。13日のインドネシア英字紙ジャカルタポストが紙面で報じた。 この事件はスマホやタブレットの販売店がひしめき合う西ジャカルタのITCロキシー・マスに多量の密輸スマホが持ち込まれそうになったもの。警察がスリーピーの高速道路入口で2台の車の中に千台以上の密輸スマホが積み込まれているのを発見したことから、密
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

ロブスターの赤ちゃんの密輸を阻止 バリ島

 バリ島のングラライ国際空港で5月22日、多量のロブスターの赤ちゃんの密輸が当局によって阻止された。23日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  デンパサール市検疫所のヤケ氏によると、ロブスターの赤ちゃんは合計12万2400匹で、24箱に分けて入れられていた。輸出用の申告書類には、箱の中身は衣料品と記されていた。不審な箱があると気づいた検疫所の職員が税関職員、空港当局と協力して箱をエックス線装置で検査したところ、中にロブスターの赤ちゃんがいることが分かった。箱を開けて確認したと
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

薬物の密輸に新たな手口

ジャカルタ特別州警察は13日、国際的な麻薬シンジケートが2つの新たな手口を使って大量の薬物をインドネシア国内に持ち込もうとしていたことを明らかにした。14日付英字紙ジャカルタポストが報じた。3月21日から4月19日にかけて行われた薬物密輸の集中取締で警察は295件の密輸を摘発。その中でも特に大規模だったのは4件で、そのうちの一つは液化した覚醒剤メタンフェタミン44.64キロを糊の缶に入れて宅配便としてイランから密輸しようとしたもので、もう一つは結晶メタンフェタミン36.43キロをチョコレート”フ
post in Uncategorized Tagged:,

マレーシアからスマトラ島経由の密輸、阻止には限定的効果

マレーシアからインドネシアに向けて海を渡って様々な物資の密輸が繰り返し行われており、地元の警察があの手この手を使って密輸を食い止めようと努力を続けている。22日付英字紙ジャカルタポストが伝えた。北スマトラ州警察は18日、マレーシアからアチェを経由してメダンにトラックでたまねぎ5トンを運搬しようとしていた2人を逮捕。地元民からの通報を得て午前4時40分頃に路上で逮捕した。この前の週にもインドからマレーシアに送られ、その後アチェに運ばれてきた16トンのたまねぎの密輸を阻止している。マレーシアからアチ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

スマトラ島で麻薬密輸グループ6人を摘発

国家薬物対策委員会(BNN)は北スマトラ州とアチェ州で薬物の密輸グループに関わっていた疑いで6人を逮捕し、同時に11キログラムの覚醒剤クリスタル・メタンフェタミンと4000錠のエクスタシー・ピルを押収した。22日付英字紙ジャカルタポストが報じた。BNNの薬物撲滅部会の副会長であるアルマン氏は21日、押収したクリスタル・メタンフェタミンは19日にメダンのシシンガマンガラジャ通りのスーパーマーケットで逮捕した容疑者2人が所持していたことを明らかにした。アルマン氏は容疑者らの証言に基づいて、薬物を注文
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

スカルノハッタ空港税関、亀の赤ちゃんの密輸を阻止

バンテン州タンゲランのスカルノハッタ国際空港において、中国に向けて密輸される寸前だった亀の赤ちゃんが同空港の税関によって発見され、密輸が阻止される事件があった。23日付けの英字紙ジャカルタポストが伝えた。同紙によると、3737匹のスッポンモドキと883匹のナガクビガメが箱に納められ、カモフラージュ用のカクレクマノミと一緒のコンテナに入れられているのを税関職員が空港の輸出貨物用の倉庫で発見した。これらの亀はブカシから中国の広州に送られる予定だった。また税関は密輸容疑で5人を取り押さえたことを明らか
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news