Archives : 女性

イスラム原理主義への抵抗、女性が欠かせない存在に

イスラム原理主義への抵抗には女性の存在が欠かせない――。インドネシアの首都ジャカルタでこのほど開催された国際セミナーで、参加者からこうした声が出た。とりわけ教育分野などで女性たちが大きな力を発揮しているという。 今回のイベントにはインドネシア、ナイジェリア、アフガニスタンなどイスラム教徒の多い国から女性のイスラム聖職者や研究者、活動家らが多数参加し、世界的にも初めての女性のイスラム聖職者の集まる会議となった。この中で、イスラム武装組織ボコハラムが展開しているナイジェリアでは、女性のイスラム聖職
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

女性スルタン実現に異論 ジョグジャカルタで

ジョグジャカルタ特別州のスルタン(王)でありかつ同州知事のハメンクブウォノ10世(以下現スルタン)が女性のスルタンを認めるよう主張していることが物議を醸している。ことの発端は同州の規定にあり、それにはスルタンが知事を兼ねることが規定されている。また、知事と副知事候補は学歴、職歴に加え兄弟姉妹、妻、子供のリストを記載した履歴書を提出することも定められており、「妻」という記載があることから現行では男性しか知事になれないと解釈されている。 現スルタンには5人の娘がいるものの息子はおらず、規定を順守す
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ブンカヤン県地方議会議長 12人目の妻の写真をFacebookに載せ訴えられる

ブンカヤン県の地方議会議長であるKJ氏(47)が2月8日、Facebookにある女性と一緒に写っている写真を載せたことが問題になった。問題になったのは、同氏がこの女性を「私の12番目の妻になる予定だ。」との書き込みだ。写真はホテルで撮影されたと推測されており、女性と親密な関係であることを示唆するようなものだった。女性の両親は、2人の結婚を認めておらず、KJ氏を名誉参事委員会に訴えている。 3月13日、女性の家族の弁護士であるマルティヌス氏と女性の叔父が記者会見を行い、これまでの経緯を明らかにした
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news