Archives : 失踪

パプアで貨物機が不明に

パプア州ミミカ県で、デ・ハビランド・カナダ社が製造したDHC-4型短距離離着陸型輸送機(愛称Caribou)が不明となり、当局が捜索を行っている。 この輸送機はプンチャック県が所有しているもので、10月31日の午前7時57分に交信が途絶えた。インドネシア国家捜索救助庁(BASARNAS)のミミカ支部に加え、軍、警察などからなる合同の捜索隊が不明機の行方を追っている。 国家捜索救助庁のムハンマド報道官によると、18人編成の捜索隊が現地に派遣されたほか、フリーポート社の所有するヘリコプター1機も
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news