Archives : 天災

大雨による地滑りや洪水、各地で多数被害

ジャワ島やスマトラ島で6日から3日間にわたり降り続いた大雨によって広範囲で地滑りや洪水が発生し、死傷者が出るなど被害が広がった。スマトラ島のジャンビ州とリアウ州では6県にまたがって被害が広がり、一部で集落が孤立して6000人が避難する事態となった。西スマトラ州防災局のズルフィアント局長によると、同州では8日午前3時に発生した地滑りで4人が死亡し、2人が行方不明となった。また、16歳の少年が一人、増水した川で釣りをしている際に流されたことも明らかにした。さらに、同州の別の地域では河川の堤防が決壊し
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

津波被害忘れない アチェで11回目の慰霊祭

2004年のスマトラ島沖地震から11年経った12月26日、アチェ州では地震・津波の犠牲者に祈りを捧げる慰霊祭が行われた。同日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。西アチェ県は、巨大地震と津波の被害を風化させず次世代へつなぐために本を出版。「西アチェの地震と津波」と名付けられた本は、津波被害者が眠る墓地で開催された式典時に配布された。スマトラ島沖地震では、津波に関する知識が不十分であったことが警報や注意を遅らせ、人的被害を拡大させたという経緯がある。2度と同じ過ちが起きぬよう、同州は
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

地滑りで犠牲者発生 ボゴール

11月8日の午後、ボゴールの数カ所において地滑りが発生し、死亡者が出た。センプラックでは、山小屋で雨宿りをしていたアデさん(18)が死亡。アデさんは、地滑りで小屋が倒壊し、木材の下敷きになったため死亡。一緒にいたムハマドさんは、頭や手足を怪我した。ムハマドさんによると雨の降る音があまりにも大きかったため、地滑りが起きていることに気づかなかったという。また、スカブミ出身のウガンさん(45)は、カンプン・ジェンコルに住む弟のジャヤディさんの家を訪問中に被害に遭い、死亡した。救助隊は30分かけてウガン
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news