Archives : 大麻

大麻抽出液販売の男 逮捕される

中部ジャワ州警察は、SNSの『フェイスブック』で大麻の抽出液を販売していた男を逮捕した。男は、この抽出液がガンの治療に役立つと嘘の書き込みをしていた。 逮捕されたのはウィビソノという名の男で、中部ジャワ州スマラン県の自宅で逮捕された。同容疑者は抽出液の作成方法をインターネットで知ったと話している。同容疑者はハーブ好きの人たちが集まるフェイスブックのグループに登録し、抽出液300ミリリットルを75万ルピアで販売していた。 警察は同容疑者の自宅から444グラムの大麻の葉を押収。葉を入れた包みには
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

病気の妻のため大麻を栽培 県職員を逮捕

国家麻薬委員会(BNN)は、病気の妻の治療のため39本の大麻を栽培していたとして、西カリマンタン州サンガウ県政府職員フィデリス・アリ・スデワルト容疑者(36)を逮捕した。容疑者の妻イェニ・リアワティさんは骨髄空洞症を患っており、同容疑者が逮捕された32日後に、3歳と15歳の2人の子供を残して死亡した。 中学校の英語教師だったイェニさんは2人目の子供を妊娠中に病気が発症し、医師からは完治の見込みはないと治療を拒否され自宅療養中だった。同容疑者は、良い治療法があると聞けばイェ二さんを連れて各地を回
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

麻薬所持で主婦2人を逮捕

41歳と46歳の主婦2人が、メダン刑務所の職員に1キログラムの大麻を所持していたところを発見され、警察に逮捕された。刑務所の入り口で職員に持ち物検査をされた際、所持品の中から大麻が発見された。2人の主婦は、殺人罪で17年間の禁固刑を受けている囚人に面会する予定だったという。 大麻は北スマトラのデリ・スルダン県に住むレガ・ダマラ(19)から入手したと2人は話している。警察はすでにレガを逮捕し、母親を証人として事件の捜査を現地警察に移譲した。2人の主婦は、すでに2回刑務所に麻薬を密かに持ち込んだこ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

乾燥大麻30キログラム所持の男を逮捕

アチェからジャカルタに向かうバスに乗っていたハスビという60歳の男が、乾燥大麻30キログラム所持の容疑で軍の関係者に逮捕された。17日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 車内で寝ているときもスーツケースをしっかりと握って離さないなど挙動不審だったハスビに乗務員が気がついたことで逮捕につながった。ジャンビ州でレストランに停車した際に乗務員がレストランの従業員に告げ、従業員が近くの軍関係者に通報した。ハスビはその場で逮捕され尋問を受け、軍関係者がスーツケースの中から多量の大麻を見
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

キャンパスで麻薬売買か、メダン工科大の学生を逮捕

メダン工科大学(ITM)の学生(21)が大麻3キロを所持していたとして、逮捕された。学生はこの大麻をITMのキャンパスで売買していたとみられる。20日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 メダン警察は、学生は逮捕時に抵抗を見せたが、他の学生らの支援を受けて、警察はこの学生をキャンパスの外に連れ出した。 先に、警察は他の学生からこの学生がITMのキャンパスで大麻を売買しているとの通報を受けたという。逮捕に当たり、警察は大麻3キロに加え、大麻を包むための封筒62枚、ビニル袋1枚な
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アチェで最大のマリファナ畑が見つかる

国家警察は2月26日、スマトラ島北部のアチェ州で国内最大の大麻(マリファナ)の栽培畑を発見したと発表した。2月29日付けの英字紙ジャカルタ・ポスト紙が社会面で報じた。アチェは国内最大の大麻の供給地として知られている。この大麻畑は広さが合計でおよそ54ヘクタールで、スラワ・アガム山の麓で発見された。54ヘクタールの大麻畑は全部で5箇所に分かれており、警察はさらに調査を進めることで新たな大麻畑が見つかるのではないかとみている。警察は発見した畑ですぐにも収穫できそうなものはその場で刈り取り処分した。一
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news