Archives : 売春

SNSで人身売買 男を逮捕

東ジャワ州マディウン県の現地警察は11月23日、性的人身売買の容疑でウキッ・スティアワン(37)を逮捕した。ウキッ容疑者は民間の金融機関で警備員として働いていたが、ここ4ヵ月間の間にソーシャルメディアを通して少女20人に売春させたとして逮捕された。警察は少女たちにソーシャルメディアを使ったデートに勧誘させている男がいるとの情報を得ており、被害にあっていた少女を連れておとり捜査でホテルへ行ったところ、現れたウキッ容疑者を逮捕した。 少女たちを買春していた男たちの職業はさまざまで市内外に存在してお
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

男児148人が人身取引被害に、売春目的で

インドネシア警察犯罪捜査局は5日、男性向けの売春をさせるために男児が人身取引されていた事件について、被害に遭った男児の数は148人となり、これまでに分かっていた103人から増加したと発表した。被害者の多くは17歳以下だという。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が5日付で報じた。 犯罪捜査局によると、これまでにこの事件に関連する容疑者3人が特定されている。また、148人の被害者以外にも、45人の子どもたちが被害に遭った可能性があるとみられている。被害者の中には4歳の子どもも含まれるという。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ラマダン期間中 売春街も一時閉鎖

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)政権の売春業縮小路線を受け、国内の多くの売春街がラマダン(断食月)期間中の一時閉鎖を予定していると3日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 中部ジャワ州で売春宿を経営する男性は、3日から1カ月間、店を休むことを決意。政府の取り締まり強化だけでなく、ナイトクラブなどと同様にラマダン期間中の営業はイスラム過激派組織の攻撃の対象となりやすいことも休業の決め手となったようだ。「去年は日没後のみ営業をしていたけれど、女の子たちにボーナスをあげて地元に帰す
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

未成年の少女に売春させる、ジャカルタで夫婦を逮捕

ジャカルタ警察はこのほど、未成年の少女2人を買売春目的で売ったとして、夫婦を逮捕した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ジャカルタ警察犯罪捜査課のクリシュナ・ムルティ氏は「夫婦は成人女性よりも未成年の少女を高い値段で売春させていた」と説明する。 夫婦は17歳の少女に買売春させ、顧客から1度に70万ルピア(約53米ドル)を取っていた。25歳の女性の場合は60万ルピアを取っていたようだ。 顧客は買売春の情報をインターネットや知人などからの口コミで得た後に、夫婦に接触していたと
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

カリジョド違法建築解体へ 売春婦の近郊流出防げるか

ジャカルタ特別州で最も古い売春地区カリジョドの解体作業が始まった。1日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。州当局は掘削機などを用いて違法に建設されていた家を撤去すると同時に、救済措置として、同地区に一時的でない自宅持ち、かつジャカルタIDカードを所持している人に対しては北ジャカルタと東ジャカルタの2つの低コスト賃貸マンションへ移住を認めた。カリジョドで働く売春婦の多くは地方からの出稼ぎ者でIDカードを持っておらず、同地区に持ち家もないため州が用意する移住は叶わない者が多い。州は彼
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

売春停止なくば閉鎖へ アンチョール地区のホテル

ジャカルタ特別州当局はアンチョール地区にある売春を行っているとされるホテルに対し、売春行為を辞めなければ営業停止にすると警告したことを明らかにした。23日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。州は記者会見で「いかなるホテルも売春行為を行うことは禁止されている」とコメントすると共に、今後は治安当局や観光当局とホテルに対する監視の目を光らせると述べた。首都ではバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事が先日、売春街として有名なカリジョド地区を閉鎖し、緑地帯とする計画を明らかにしたば
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

女が15歳少女を人身売買、首都で売春強要

ゴロンタロ警察犯罪捜査部は、ゴロンタロ州内での十代の若年層を対象にした人身売買事件の捜査に着手している。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 今回の捜査の発端は、同警察が先に、未成年者を人身売買しようとした容疑で、32歳の女を逮捕したことだったという。女は15歳の少女をジャカルタで買売春をさせるために、売ろうとしたとされる。 この際、女は「月給5000万ルピア(約3700米ドル)のモデルの仕事がある」と語り、少女をだました。その後、被害者の少女は西ジャカルタのマンガブサールの売
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

児童の買売春対策を急げ、NGOが呼びかけ

中部スラウェシ州パルの女性が今も暴力に悩まされている。以前から女性への暴力が問題視されてきたが、過去7年にわたり女性への暴力は減少していないという。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 パル女性エンパワーメント・家族計画局のイルマヤンティ・ペッタロロ局長は「毎年、女性への暴力事件は100件超に上っている。こうした事件の大半は経済的な問題を受けたものだ」と説明する。 1~11月の女性に対する暴力の発生件数は182件となり、前年の132件を超えた。 イルマヤンテ局長によると、問題
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

オンライン売春 関与の外国人4人逮捕

バリ州ングラライ入国管理局は昨年11月、オンラインで予約を受けた客と売春行為を行ったとして外国籍の女4人を逮捕し、国外退去させた。入管は同月11日、パーティが行われていたバリ島スミニャックのヴィラで立ち入り捜査を実施し、接客中のロシア人の女3人とウクライナ人の女1人の身柄を拘束した。ヨセフ・ウィドド局長は12月22日、押収した携帯電話の交信記録から予約の受注や決済、料金表、サービス時間など、売春に関連した重要な証拠が明らかになったと述べた。料金は250万〜1700万ルピア。オンライン売春を組織的
post in インドネシアの政治/社会ニュース インドネシアのその他のニュース Tagged:,

高級買売春組織を摘発、あっせん者2人と有名人の女2人を逮捕

インドネシア国家警察は11日、高級買売春シンジケートに関与し、買売春のあっせんをした容疑で2人を逮捕したと発表した。同時に、買売春を行ったとして有名人の女2人も逮捕したという。同日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 国家警察犯罪捜査課のウマル・スルヤ・ファナ氏は、「警察は10日に、中央ジャカルタの5つ星ホテルで、買売春のあっせんを行った2人と有名人の女2人を逮捕した」と説明。「顧客は買売春に際して、3時間でこの女2人に5000万ルピアから1億2000万ルピアを支払っていた」と
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news