Archives : 地方裁判所

オーバーステイで禁固6年の実刑判決、メダンの裁判所

北スマトラ州のメダン地方裁判所は7日、パキスタン国籍の被告に対し、滞在期限が切れても不法に滞在を続けるオーバーステイを理由に、禁固6年の実刑を科す判決を下した。さらに2500万ルピア(約1780米ドル)の罰金を払うよう求めている。9日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 検察は禁固1年と罰金5000万ルピアを科すように求めていたため、判決はこれよりは軽いものとなった。 一方、被告の弁護士は控訴の構えをみせている。 被告は2015年8月、メダンのヘルベティア地区で、入国管理局
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news