Archives : 国際空港

ビンタン島で民間国際空港運営、政府からの認可待たれる

インドネシアのリゾート会社ビンタン・リゾート・カクラワラは、ビンタン島で民間の国際空港を運営したい考えだ。現在は、当局からの許可を待っている段階。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が16日付で報じた。 ビンタン・リゾート・カクラワラは、2012年にビンタン特別国際空港の建設を開始した。一方、同社はいまだにインドネシア政府から同空港の許可を得ていない。ビンタン・リゾート・カクラワラによると、政府は現在も空港に関して検討を続けている。ただし、これまでにこうした民間国際空港に許可を与えた例はな
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

スカルノ・ハッタ国際空港 新第3ターミナルがまもなくオープン

首都ジャカルタの空の玄関口であるスカルノ・ハッタ国際空港で、新規ターミナルが6月半ばにオープンする。1日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ほぼ予定通りの工期で完成するこのターミナルは「ターミナル3・アルティメット」という愛称で呼ばれ、既存の第3ターミナルに隣接し、ガルーダ・インドネシア航空の国内線・国際線と、スカイチーム・アライアンスに属する航空会社の国際線(JAL、シンガポール航空など)がこのターミナルからの離着陸となる。1日にはガルーダ・インドネシア航空の旅客機を用いて
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

女性警官候補20人、空港で食中毒に

バンテン州タンゲランのスカルノ・ハッタ国際空港で1月18日、女性の警察官候補生20人が食堂で食事をした後に食中毒になり病院に運ばれる事故があった。同月20日付けの英字紙ジャカルタポストが伝えた。ジャカルタ州警察によると、この女性らは同空港内の食堂で飲食した後に具合が悪くなり、国家警察病院に運ばれた。食堂では米、鶏のレバー、ジャックフルーツ入りのカレーとサンバルの入ったお弁当を食べており、これらのいずれかに衛生上の問題があったものと見られる。20人の候補生らは東ジャカルタの病院で手当てを受け、現在
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

スカルノハッタ空港税関、亀の赤ちゃんの密輸を阻止

バンテン州タンゲランのスカルノハッタ国際空港において、中国に向けて密輸される寸前だった亀の赤ちゃんが同空港の税関によって発見され、密輸が阻止される事件があった。23日付けの英字紙ジャカルタポストが伝えた。同紙によると、3737匹のスッポンモドキと883匹のナガクビガメが箱に納められ、カモフラージュ用のカクレクマノミと一緒のコンテナに入れられているのを税関職員が空港の輸出貨物用の倉庫で発見した。これらの亀はブカシから中国の広州に送られる予定だった。また税関は密輸容疑で5人を取り押さえたことを明らか
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ガルーダ航空、創立記念日にシンガポールでセレモニーを開催

 国営ガルーダ・インドネシア航空は、創立記念日である1月26日に、シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル3でセレモニーを開催した。  セレモニーでは、シンガポール-インドネシア路線就航50周年を含め、取締役マーケティング担当のハンダヤニ氏がシンガポール-インドネシア路線就航50周年について「さらにシンガポールからジャカルタ、デンパサール(バリ島)、スラバヤ、そしてアムステルダムの4都市だけでも週90便以上の直行便を運航している。今後はチャンギ国際空港と連携しながら、ジャカルタのスカルノハッタ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news