Archives : 国立ガジャマダ大学

貧困層の青年 奨学金で大学進学

東ジャワに住むヘニさん一家が喜びと感動で包まれた。長男のスルヤ・パナラガンさんが、国立ガジャマダ大学で卒業までの奨学金を得たという。父親は建設労働者で出稼ぎに出ており、必要最低限の収入だった。母親も生活費のために田舎で服を売り歩いていた。今までスルヤさんは国立大学へ進学したいという夢を叶えるために熱心に勉強に取り組んできた。その意志の強さと努力を見た両親は、息子の夢を叶えさせてあげたいと不屈の精神で働いた。 スルヤさんは、「自信を持って人生を進むこと。努力を続け簡単に諦めなければ、必ず未来は開
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news