Archives : 同性愛

「LGBTはハラム」MUIが見解

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略語)について、インドネシア・ウラマ評議会(MUI)をはじめとする国内のイスラム教団体はこのほど、「イスラムの教義に反する」との統一見解を示した。電子紙コンパスによると、マルフ・アミンMUI会長は、17日の会議の中で、「LGBTはハラム」だと述べ、法律で禁止するべきだと主張した。さらに、LGBTは「国家5原則(パンチャシラ)における“唯一神信仰”、“人道主義”の2つに抵触するほか、婚姻に関する法令(74年第1号)に沿わない」、「HI
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

LINEスタンプ自粛要求 LGBT助長とイ政府

インドネシア政府が無料通信アプリLINE(ライン)に対し、同性愛者をテーマにしたスタンプの提供をやめるよう要求していたことが明らかになった。11日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。同紙は情報通信省のスポークスマンの意見として「ソーシャルメディアは、その国の文化や背景を尊重すべきだ。現在販売しているようなスタンプが存在することは、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略語)コミュニティのサポートにつながる」とのコメントを掲載。しかしこの発言に国際人権保護
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

同性愛理由で逮捕 人権団体が抗議

アチェ州で同性愛者であることを理由に少女2人が逮捕されたことを受け、国際人権保護団体が激しく抗議している。4日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。アチェ州は厳格なイスラム教徒が多く住み、シャリア(イスラム法)に基づく州条例制定の自治権が認められている。シャリア警察は9月28日夜、公共のビーチで抱擁していた18歳と19歳の少女を「レズビアンの疑いがある」という理由で逮捕。少女らは罰則の代わりに、リハビリテーションを受けていると明らかにした。それに対し、国際人権団体は直ちに無条件で少
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news