Archives : 合弁

インドネシアに脂肪酸製造会社を合弁で設立

花王株式会社は、12月28日、Apical Group Limitedとともに、インドネシアに脂肪酸製造会社PT Apical Kao Chemicalsを設立することで合意したと発表した。操業開始は2019年の予定。 花王によると、油脂原料が豊富なインドネシアに、フィリピン、マレーシアに続いて油脂製品の生産拠点を確立するのがねらいとのこと。現地にプランテーションを保有し油脂の製造を手掛けるApicalグループと組むことで、今まで以上に油脂原料の安定調達が可能となる。花王グループにおける生産拠
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

農業ジャプファ、米カーギルと合弁事業で合意

インドネシアの農業ビジネス会社ジャプファは同社の子会社ソーグッドフードを通じて、米カーギル・フード・インベストメント・インドネシアと、合弁会社カハヤ・グヌン・フーズを立ち上げることで合意した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が21日付で報じた。 新会社は鶏肉加工品などを扱う見通し。同社への出資比率はジャプファが40%、カーギルが60%になるという。 新会社はまず、ソーグッドフードが中部ジャワ州ボヨラリに置く既存の食肉加工設備を使い事業に当たることになる。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

サリムグループとチョコレート事業で提携協議開始

「日清オイリオグループ」(東京都)は8月3日、連結子会社の「大東カカオ」がサリムグループにおいてアグリビジネス事業を展開する「PT Salim Ivomas Pratama Tbk」との間で、チョコレート事業における合弁会社の設立に向けた協議を開始することを決定したと発表した。 インドネシアをはじめとする東南アジア各国では中間所得層の拡大により、嗜好品であるチョコレートの需要の裾野が広がっている。大東カカオでは、この有望市場である東南アジアで、チョコレート事業参入を検討していたが、高度なチョコ
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:, ,

長大、小水力発電事業会社等と合弁契約を締結

コンサルタント事業などの「長大」(東京都中央区、永冶泰司社長)は4月11日、ジャカルタ市に本社を置く小水力発電事業会社である「PT. Bumi Investco Energi」、日本国内と東南アジアを中心にエネルギー事業の開発・企画・投資を支援する「アラムポート」の三者間で、ITシステムを活用した発電所の維持管理運営(O&M)サポート事業を共同で推進することを合意し、インドネシアに合弁会社を設立する合弁契約を3月14日に締結したと発表した。  約2.5億人の人口を抱え、人口増加及び経済成長によ
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

OATアグリオ、合弁会社設立で契約締結

農薬・肥料の製造販売「OATアグリオ」(東京都千代田区、森明平社長)は11月2日、「PT.MITOKUSUKSESMAKMUR」(=MITOKU)との間で、インドネシアで農薬と肥料の製造販売を目的に合弁会社(連結子会社)を設立することで合弁契約を締結したと発表した。 同社の子会社である「旭化学工業」(奈良県生駒郡)は、農薬製品をインドネシアのMITOKUに販売しており、MITOKUはこの製品を主力にインドネシア国内で事業を展開しているが、今回、MITOKU との共同出資で合弁会社
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news