Archives : 台湾出身

覚醒剤15キログラム所持で台湾人が捕まる

国家薬物対策委員会(BNN)は7月30日、覚醒剤15キログラムを所持していた容疑で台湾出身の男を逮捕した。8月3日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 逮捕された男は42歳で、西ジャカルタのガジャ・マダにある自宅に覚醒剤クリスタル・メタンフェタミン15キログラムを隠し持っていた疑いで逮捕された。BNNのブディ・ワセソ委員長によると、この覚醒剤は中国からシンガポールを経てインドネシアに密輸されたものだとのこと。全部で15の袋に小分けされ、荷物の中に詰められていたとのことで、警察は
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news