Archives : 危険

スラカルタでデング熱の脅威が増大

 中部ジャワ州スラカルタ市で、蚊によってウイルスが媒介されるデング熱が蔓延する危険性が増している。14日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  スラカルタ市では5月の第2週に36件のデング熱感染が報告され、そのうちの3件では感染者が死亡した。今年、1月~5月までに245人がデング熱に感染し、6人が死亡している。  スラカルタ市保健局のプルティウィ氏は「感染しているのはすべて子供で年齢は3歳~6歳まで。昨年の同時期に比べて数が増加している」と話している。実際、昨年1年間の患者数
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news