Archives : 協会

国民評議会副議長、反テロリズム法の改正を望む

国民協議会副議長マーユディン氏が、東カリマンタンのサマリンダで起こった教会襲撃の爆弾事件の後、反テロリズムに関する法律の改正を望んだ。 今回の事件では、2歳半の幼児が教会に投げられた爆弾によって亡くなったほか、3人の幼児も火傷を負った。実行犯は、以前にもテロ事件の前科があり、観察処分中であった。 同氏は、国民が一丸となりテロを恐れない姿勢を示すために、国民協議会による広報活動計画を通して、「建国五原則」であるパンチャシラ理念の強化の重要性を訴えた。「全国民が真に建国理念を実践するなら、我が国
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news