Archives : 共同世論調査

日本・インドネシア・インド3か国共同世論調査結果

特定非営利活動法人「言論NPO」は8月18日、日本とインドネシア、インドで実施した共同世論調査の結果を発表した。 対象は日本とインドが18歳以上、インドネシアが17歳以上のそれぞれ1000人。自国の将来について、日本人の39.8%は、「悲観的である」と回答し、「楽観的である(「どちらかといえば」を含む、以後同様)」の20.7%を大きく上回っている。インドネシア人では、65.3%の人が「楽観的である」と回答し、「悲観的である」は3か国で最も少ない8.0%だった。 自国の将来を悲観する理由として
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:

Find Another news