Archives : 偽札

偽札製造と使用の疑いで2人を逮捕

北スラウェシ州の州都マナドの警察は、偽札の製造と使用の疑いで2人を逮捕した。7月27日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 2人は、偽札を判別するための紙幣鑑定機を設置していない小さな商店を狙い、偽札を使って商品を購入していた。容疑者は37歳と30歳の男。2人ともマナド近郊に住んでいることが分かっている。 2人がガソリンスタンドの近くにいたところ、以前から2人に目をつけていた警察が到着。2人はバイクタクシーに乗って一目散に逃げ出した。警察はすぐに後を追い、最終的には2人を追い
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

偽札流通の容疑で元軍人を逮捕

メダン警察は偽札を流通させた疑いがあるとして、メダンのスタディオン通りにいた元軍人のアクハマド・ノフェンディ(28)容疑者を逮捕した。警察はノフェンディ容疑者から偽札430万ルピア、携帯電話、本人名義の軍隊の身分証明書のコピーを証拠品として押収した。 偽札の取引を待っている男がいるとの市民からの情報と、警察が持っていた犯人の特徴が、容疑者の逮捕につながった。ノフェンディ容疑者は逃走中の仲間から偽札を入手したと供述しているが、警察は今も単独犯か複数犯かを徹底的に調査している。 容疑者は刑法24
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

北スマトラで偽札製造グループを摘発

北スマトラ州デリ・スルダン県の警察は20日、10代の未成年者2人を含む5人を、偽造紙幣を製造し、使用していた容疑で逮捕したと発表した。21日付英字紙ジャカルタポストが報じた。デリ・スルダン県警察長のエディ・ファルヤディ氏によると、逮捕された5人は、アンディ(35)、ジョピ(28)、リカ(32)の3人と、13歳と17歳の未成年者2人。この2人の未成年者が自分たちの作った偽札を使ってタバコのパッケージを買おうとしたところ、偽札であることがばれ、逮捕に繋がった。エディ署長によると「タバコ屋の店員が偽札
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news