Archives : 健康被害

クリンチ山で火山灰による健康被害が顕著に

西スマトラ州の、現在火山活動が活発化しているクリンチ山(標高3805メートル)の周辺で、住民に呼吸器系の健康被害が目立ってきている。9日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 クリンチ山は最近火山灰を多量に噴き出すなど活動が活発化しており、同山の周辺の環境をモニターしている当局の話によると、大気汚染がひどくなってきているとのこと。特に大気中の二酸化硫黄の濃度が非常に高くなっていることから、同局では屋外での活動を控えるようにとの勧告を出している。どうしても屋外で活動する必要がある際
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news