Archives : 住宅

不動産メガカルヤ、中・低所得層向け集合住宅を開発

不動産開発大手メガカルヤ・プロパティンドは、ジャカルタから54キロほど離れたチビノンで、中・低所得層向けの集合住宅を建設する計画だ。15日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 メガカルヤの広報などを担当するアルファン・ウィラグナ氏は、「低価格集合住宅の需要が伸びている上、2018年に鉄道の開業が予定されるために交通アクセスが改善されることもある。さらにチビノンは洪水のリスクが低いほか、地価は依然として低水準だ」と説明している。 30階建ての集合住宅3棟の建設が3月に始まり、2
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

ジャカルタで低価格賃貸住宅建設へ、3.1兆ルピア拠出

ジャカルタ特別州は2016年に、州内の31地域での低価格賃貸集合住宅2万2000戸を建設する計画だ。これに向けて16年予算から、計3兆1000億ルピア(約2280万米ドル)を振り向ける計画だ。26日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 低価格の賃貸集合住宅は東ジャカルタ、北ジャカルタ、東ジャカルタなどに建設される見通し。 ジャカルタ特別州は河川の周辺で暮らす住民の移転を図っており、こうした集合住宅の多くは、河川周辺からの移転住民に向けたものだという。 一方、河川の周辺で暮ら
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

大和ハウス、大阪府・インドネシアビジネスサポートネットワークに参加

"住宅事業の「大和ハウス工業」(大阪市北区、大野直竹社長)は9月1日、9月4日に大阪府が発足させる「大阪府・インドネシアビジネスサポートネットワーク」にコアメンバーとして参加すると発表した。進出企業の不動産取得や工場・物流施設の建設を支援する。  同社は2012年からインドネシアのマヌンガルグループの「ブカシファジャール インダストリアル エステート」に出資し、「ダイワ・マヌンガル工業団地」の開発や販売、施工、レンタル工場の賃貸、物流施設の開発等を行っており、日系企業41社が入居している。
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

Find Another news