Archives : 伝統工芸

バティック販売低迷、スラカルタの工房に打撃

中部ジャワ州スラカルタのバティック生産者が生産を縮小している。バティックの販売が減少しているため、生産コストを制限するために労働時間や人員の削減を行っているという。19日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ラウェヤン・バティック村開発フォーラムのグナワン・ムハマド・ニザール氏は「ラウェヤンには200のバティック工房があり、各工房には平均で10人が働いている。しかし過去3カ月間で、バティックの販売が50%低迷している」と説明する。 バティックの販売は2014年から落ち込んでい
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:

Find Another news