Archives : 人工衛星

テルコムが人工衛星を打ち上げ

インドネシアの通信大手テレコミュニカシ・インドネシア(テルコム)が今年2月、1億9970万米ドル相当の人工衛星の打ち上げを計画している。打ち上げ予定の新しい衛星はテルコム-3Sという名で、南米北部の仏領ギアナで打ち上げられる。この衛星は同社の3番目の衛星で、音声通話とデータ通信のために用いられる。製造は仏系のタレス・アレーニア・スペースが2014年から行っており、打ち上げはアリアンスペースが行う。同社は以前にBRI銀行の衛星の打ち上げも行ったことがある。 また、テルコムでは、通信サービス拡充の
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

インドネシア製の衛星の打ち上げに成功

インドネシア国産の人工衛星の打ち上げがインドで6月22日に行われ、無事打ち上げが成功した。6月23日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 人工衛星の名称はLAPAN-A3で国立航空宇宙研究所(LAPAN)がボゴール農業大学(IPB)と共同で2014年に600億ルピアを投じて開発したもの。LAPAN-A3はアメリカ、ドイツ、カナダの他の19の衛星と共に打ち上げられた。LAPAN-A3はインドネシア全土の農業適地の探索に用いられる。 また、船舶の航行を追尾することも可能で、違法漁
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

インドネシア製人工衛星、インドで打ち上げへ

インドで打ち上げが予定されているインドネシア製の小型人工衛星「LAPAN-A2」の記念式典がボゴールで今月3日行われ、ジョコ・ウィドド大統領が出席し新しい衛星の打ち上げの成功を願った。LAPAN-A2はインドネシア製の人工衛星として初めて赤道上を周回することになる。一世代前のLAPAN-A1はドイツで製造されたもので、2007年に同じくインドから打ち上げられ、630キロメートル上空を周回し漁船の活動状況を調べたり災害時の緊急通信を担ったりしていたが、2013年に機能を停止。今回打ち上げられる後継
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news