Archives : 人工島

贈収賄で逮捕者 ジャカルタ湾人工島造成事業

ジャカルタ湾の人工島造成事業における贈収賄の容疑で、州議会のモハマッド・サヌシ委員会副委員長とアグン・ポドモロ・ランド社のアリエスマン・ウィジャヤ社長の身柄が拘束された。モハマッド氏は、業者から約20億ルピアを賄賂として受け取ったとされている。その他、バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事のスタッフであるサニー・タヌウィジャヤ氏など、海外渡航禁止処分を受けた人物も数人出た。これに対し、4月9日、インドネシア伝統漁業委員会指導者会議のチャリド・ムハンマド氏は、「汚職がこれ以上広がらないよう
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news