Archives : 中部ジャワ

窃盗見せしめ 少女裸にして引き回す

中部ジャワのスラゲン県で10日、民家から洋服と靴を盗んだ14才の少女を、被害にあった夫婦が裸にして見せしめにする事件があった。少女の家を訪れた夫婦は、少女の養母に詰め寄り「子どもを育てる資格がない」などと罵った。さらに、「かばうつもりなら泥棒の片棒を担ぐも同然だと思え」と脅したという。夫婦は少女を家の外へ引きずり出し、近所の住民が見ている前で服を脱がせた上、少女が盗んだものだというその服を首に巻きつけて村中を引き回した。夫婦のあまりの剣幕に、少女の両親や近所の住民も、ただ黙って見ているしかなかっ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

日揮、製油所の能力増強プロジェクトを受注

建設会社の「日揮」(横浜市西区、佐藤雅之社長)は11月27日、現地法人の「JGCインドネシア」が「PT. ENCONA INTI INDUSTRI」とコンソーシアムを組成し、インドネシア国営石油会社の「プルタミナ」(PT. PERTAMINA (PERSERO))が中部ジャワ州チラチャップに保有するチラチャップ製油所向け能力増強プロジェクトに係わるEPC役務を受注致したと発表した。 プルタミナが保有するチラチャップ製油所における既設の固定床接触改質装置を連続触媒再生式接触改質装置へ改造し、ナ
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

中部ジャワの警察本部で火災、一棟がほぼ全焼

中部ジャワ州スマランの州警察本部で9月30日午前11時頃、大規模な火災が発生し建物一つのほとんどが燃え落ちた。1日付け英字紙ジャカルタポストが伝えた。出火原因は電気回線のショートとみられる。多数の消防車と百人を越える消防隊員が消火活動を行い、火災はおよそ3時間後に消し止められ、けが人は無かった。この建物は1990年代に建てられたもの。警察署内に拘留されていた74人の犯罪者らはトラックやバスで近隣の警察署などに移送され無事だった。火災が発生した建物内には武器庫もあったが、多数の武器を運び出すことに
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

バティックを公務員の制服に、中部ジャワ州

中部ジャワ州のプラノウォ知事はこのほど、同州のすべての公務員の制服にインドネシアの伝統的なバティックを取り入れると発表した。州での文化保護政策の一環といい、公務員に対して特定の曜日にバティックを着ることを義務付ける。5日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 今後、中部ジャワ州の公務員は週に2回、バティックを着用することが求められることになる。 プラノウォ知事は、「中部ジャワ州ではバティックを支援しているため、州内の公務員が毎週水曜日と金曜日にバティックを着ることを義務化するこ
post in インドネシアの政治/社会ニュース インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news