Archives : 中国人

バクテリア汚染トウガラシ 中国人が違法栽培

西ジャワ州ボゴール県で入国管理局に入国管理法違反で逮捕された4人の中国人が、インドネシアには存在しないはずのバクテリアに汚染されたトウラガラシを栽培していたことが明らかになり波紋を呼んでいる。4人のうち2人は有効な旅券を所持しておらず、残る2人は査証に問題があった。その後の調べで4人が中国から持ってきたトウガラシの種を4000平方メートルの畑に植えて栽培していることが分かった。この種は輸入許可を得ていないものだった。 このことが公になると、インドネシアの農業に打撃を与えるために中国政府が計画し
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

覚醒剤取り引きの疑いで中国人を逮捕

西ジャカルタ警察は3月22日、中国国籍の男性を覚醒剤の取り引き容疑で逮捕した。24日付け英字紙ジャカルタポストが報じた。男の年齢は37歳。地元の住民から薬物の取り引きが行われているとの通報を受けた警察が、中央ジャカルタのマンガ・ブサール・ラヤ通りで男を待ち伏せして捕えた。逮捕時、男は自宅のアパートの鍵の他には何も持っていなかったため、警察は男を連れてアパートまで案内させ、中に入ってどこに薬物を隠しているのかと尋ねた。すると、男がスーツケースを指差したため、警察がこのスーツケースを開けたところ、中
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

オンライン詐欺集団を逮捕、中国人とイ人が関与

インドネシアの警察はこのほど、オンライン詐欺に関与した疑いで、中国人9人とインドネシア人3人を逮捕した。2日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 インドネシアの警察は1月28日、中国警察などと連携して、容疑者12人を逮捕したという。12人はVoIP技術を使い被害者をだましたとされる。また被害者の大半は中国人のようだ。 12人のうち1人はジャカルタで、11人はスラバヤで逮捕されている。逮捕者の中にはインドネシア人のIT(情報技術)専門家がいるなど、容疑者はそれぞれの専門性を持っ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news