Archives : 不法滞在

労働許可なしの外国人が依然として就労=労働省

インドネシア労働省の幹部によると、同国では労働許可証(IMTA)を持たずに、滞在許可証(VITAS)のみで就労している外国人労働者が依然として少なくない。 インドネシアでは2015年に外国人の雇用に関する規制が変わり、VITASを持つ人がIMTAなしで就労することができなくなった。一方、労働省幹部によれば、インドネシアでは外国人労働者7万4000人のうち800人近くがIMTAなしで就労しているという。これは同省の労働監督官の人数が限られており、すべての労働者をチェックすることができないためだと
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

デポックで不法滞在者11名を検挙

10月27日の夜、マルゴンダ・レジデンス・アパートとエリート・テラガ・サワンガン住宅で、11名の外国人不法滞在者をデポック市入国管理局が検挙した。 入管局長のドゥディ・イスカンダル氏は、「司法人権省の設立記念日の一環で、今回の強制捜査はインドネシア中の入管によって一斉に行われた。特に、観光目的ビザの取得免除を悪用する外国人が出てこないようにしなければならない」と語る。今回検挙されたのは、日本人、韓国人、ドイツ人、アメリカ人などだ。 本来は居住する外国人の情報をアパート側が入管に提供することが
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news