Archives : 不正

違法な入場料徴収で4人逮捕 バリ

バリ島のバリ州バングリ県の警察は、観光目的でキンタマーニ高原を訪れた観光客らから違法に金銭を集めていた疑いで4人を逮捕した。地元住民からの情報提供をきっかけとして2月12日、警察が容疑者らの逮捕に踏み切った。 4人はいずれも46から47歳で、キンタマーニ高原の観光エリアへの入場料を徴収するチケット販売所に勤務しており、不正にチケットを販売するなどして金銭を集めていた。 同エリアへの入場料は外国人の場合、大人が3万1000ルピア、子供が2万5000ルピアであるのに対して、インドネシア人の場合に
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

知事選、一部の投票所で不正発覚 再投票実施される

2月15日に実施されたジャカルタ特別州知事選挙で、開票後に一部の投票所で不正が発覚し、選挙委員会の監督のもと再投票が行われた。若干名が本人以外の投票用紙を利用して代理投票および二重投票をしていたとのこと。 19日に再投票が行われたのは、中央ジャカルタのウタン・パンジャン地区と南ジャカルタのカリバタ地区の2ヵ所。いずれの投票所も再選挙の結果はアニス氏の勝利となった。ウタン・パンジャン地区の投票所では、15日には601人の有権者のうち442人が投票に参加したが、19日の再投票に参加したのはわずか2
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

犯罪だけでなく警察の不法行為も通報できるアプリが完成

Whistle Blower System (WBS)というアプリの使用が西ジャカルタ警察でスタートした。このアプリは、一般市民が警察に犯罪の通知をするために開発された。しかし、面白いのは、市民が警察官が起こした不法行為も通知できることである。12月13日、中央ジャカルタ警察のアリヤント氏が詳細を語った。アリヤント氏によると、不法行為をした警官についての通知が入ると、警察幹部に通知内容が送られ、通知された警察は幹部から呼び出されることになるという。一般市民は、匿名でも通知ができるという。アプリ検
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news