Archives : 下半期

ガルーダ、下半期の業績は楽観的な見方

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は、2016年下半期(7~12月)の業績について楽観的な見方を示している。上半期(1~6月)の業績は振るわなかったものの、下半期は休暇シーズンを迎えたことから航空需要が伸びるとみている。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が9月24日付で報じた。 ガルーダのアグス・トニ・ソエティルト営業部長は「わが社は7月~9月初頭に推定2500万米ドルの純利益を確保しているほか、2016年の残り期間にさらに純利益を計上する見通しだ」と説明する。第3四半期(7~
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news