Archives : レバラン

ガルーダ航空、レバランに4万5000席分増便へ

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は、レバラン(断食明け大祭)の休暇シーズンに伴い、4万5000席分を追加で運航する計画だ。ガルーダのパハラ・マンスリー社長は「6月18日から7月3日にかけて運航席数を追加する」と説明する。この席数は前年と比べて39%多いという。 世界最大のイスラム教徒数を誇るとされるインドネシアでは毎年、レバランの時期になると、これを祝うために多くの人が故郷に戻り、交通需要が拡大する。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

レバラン休暇の電車チケット 販売好調

インドネシアの鉄道会社クレタ・アピ・インドネシア(KAI)は、今年の断食月開け大祭(レバラン)期間中の電車チケットの販売を開始した。売れ行きは好調の模様。チケットは旅行会社、コンビニエンスストア、駅の乗車券販売窓口で購入できる他、オンラインでも購入できる。 3月24日に販売開始したが、すでに2日後には69万5420枚のチケットのうち22万8000枚が売れ、希望する日のチケットを購入できなかった人たちからの苦情も出た。KAIでは販売が好調なのは需要が多いからだと理由を説明した上で、2日間で大量の
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

レバラン休暇のUターンラッシュ あの手この手で対策

高速道路の運営を行っているPTジャサ・マルガによると、レバラン休暇中の10日、帰省先からのUターンでジャカルタ北部のチカランの高速道路料金所を通過した車両数が11万7000台ほどに上った。11日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 同社のデウィマワン・ヘル・サントソ広報担当副社長によると、同社では膨大な数の車両が一度に首都に戻ってくるのに備えてさまざまな対策を実施した。料金支払いブースを増やしたり、車両が集中しやすく混雑するゲートへの流入を迂回させて他のゲートに誘導したりす
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

レバラン休暇中に260万人がジョグジャカルタを訪問

7月6、7日に予定されている今年の断食月明け大祭(イドル・フィトリ)から始まるレバラン休暇中に、帰省や観光のためにジョグジャカルタ(ジョグジャ)を訪れる人の数は260万人に上ると見込まれると当局が発表した。21日付けの英字紙ジャカルタポストが報じた。ジョグジャカルタ観光局のアリス・リヤトナ局長によると、帰省や観光で訪れる人々のためにジョグジャカルタでは4か所に案内所を設け、様々な伝統舞踊による歓迎などを予定しているとのこと。昨年のレバラン休暇中にジョグジャカルタを訪れた人の数は240万人であり、
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

Find Another news