Archives : リアウ

売春施設を展開、人身取引容疑でマレーシア人含む7人を逮捕

インドネシアの警察はこのほど、リアウ諸島州バタム島で、売春させる目的で人身取引をしたとして、マレーシア人2人とインドネシア人5人の計7人を逮捕した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が10月23日付で報じた。 逮捕された容疑者7人は、客に売春サービスを提供するスパを展開していたとされる。警察は今回、地元住民からの通報を受けて、現場を捜査し、容疑者の逮捕に至ったという。 マレーシア人2人はこのスパの経営に1億5000万ルピア(約1万1491米ドル)を投資していたとみられている。この資金を
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

越と星の船3隻をだ捕、違法漁業と密輸容疑で

インドネシア政府はこのほど、リアウ諸島州のナトゥナ沖で、違法操業をしていたとして、外国船籍の船3隻をだ捕した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が17日付で報じた。 インドネシア海軍のアーン・クルニア氏は17日、「ここ4日間で、ベトナム船籍の船2隻とシンガポール船籍の船1隻を違法操業の疑いでだ捕した」と説明した。ベトナム船籍の船2隻は13日にだ捕されたという。だ捕したベトナム船籍の船は正式な許可なしに、トロール網を使い漁を行っていた。また、今回、船員の男性15人も拘束したという。 シン
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

リアウでホットスポットが増加

スマトラ島のリアウ州で、今月に入ってホットスポット(高温地点)の数が増えており、森林火災などの可能性があるとして当局が警戒を強めている。14日付英字紙ジャカルタポストが伝えた。13日にリアウ州では29箇所のホットスポットが観測されているが、この数はスマトラ島の中では突出して多く、アチェでは8箇所、北スマトラ、南スマトラではそれぞれ1箇所しか観測されていない。また、リアウ州では11日に8箇所、12日に6箇所だったものが13日に急増して29箇所になったことも分かっている。人工衛星で取得したデータの解
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

リアウ森林火災、延焼防止にゾウが活躍

違法な野焼きによって発生した東スマトラ島リアウ州の森林火災と煙害。雨不足の影響で被害が長期化する中、同州シアク地区にあるゾウ保護センターのゾウ23頭が、「森の番犬」として消火活動に加わっている。本来、不法侵入者の取り締まりや、人間の居住区に迷い込んだ野生のゾウを森の奥へ誘導する訓練を受けたゾウたち。放水ポンプを積み、焼け跡となった泥炭地で火がくすぶっている場所がないかパトロールを行っている。リアウ州の森林火災予防対策本部によると、森林の焼失面積は州内だけで1万ヘクタールに達した。過去17年間に焼
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

海賊番組撮影の英国人ジャーナリストら、まもなく公判へ

今年5月にリアウ諸島州バタム島近くの海域で逮捕された英国人ジャーナリスト2人の公判が間もなく始まる。8月28日、大統領宮殿で法務人権省入国管理総局長のロニー・ソンピー氏が明らかにした。この2人のジャーナリストは4月16日と17日にロンドンのインドネシア大使館で報道ビザを申請したものの、ビザの発給を受ける前に観光ビザでインドネシアに入国。マラッカ海峡における海賊についてのドキュメンタリー番組の撮影を9人のインドネシア人と共に行っていたところで海軍に拘束された。2人はバタム市の海軍基地に連行された後
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news