Archives : ランプン

ターミナルでバス運転手に抜き打ち尿検査

ランプン州の地方麻薬機関が、バンダールランプン市のラジャバサ・ターミナルで57名のバスの運転手に対して抜き打ちの尿検査を行ったところ、2名からアンフェタミンの陽性反応が出た。 2人の運転手は心臓病と喘息を患っており、薬を飲んだばかりだったと主張している。2人は県をまたぐ長距離バスの運転手であったため、当局は、病気で薬を飲む必要のある運転手は、乗客に危険を及ぼす可能性があるため、バスを運転してはならないと忠告した。 この日より3日間、バスの運転手だけでなく、港で働いている者や、電車の運転手に対
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

テロ資金調達の容疑で大物テロリスト1人逮捕、ランプン州

インドネシアの警察はこのほど、国家警察対テロ部隊「デンスス88」が、西インドネシア・ムジャヒディン(MIB)の採用活動で中心的な役割を担ってきたとされるテロリスト、エディ・サントソ容疑者を逮捕したと明らかにした。4日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 警察は、エディ容疑者について、ランプン州で警察が最も逮捕を望んでいたテロリストだとしている。 エディ容疑者は、違法活動を通じて、MIBの資金を調達していた疑いで、ランプン州パンジャンにある両親の家で逮捕された。警察によると、同
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news