Archives : ラブアンバジョ

イ政府、コモド島の近くに観光大学を創設

研究技術高等教育省のナシール氏は、政府が、コモド島の近くの西マンガライ・ラブアンバジョの世界的な観光地に、観光学をベースにする大学を創設する計画があると語った。今まで西マンガライの人々は当地が世界的な観光地になっても指をくわえて見ているだけだった。彼らを支援するための観光大学の設置により社会の能力やコモド島区域の観光の質が高まり、より多くの外国人観光客を呼び込む目的。やがては当地の人々が当地のホストになれるのだ。 中央政府は観光大学創設のため、現在、地方政府と連携している。中央政府が観光学の教
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

「投資家求む」政府がラブアンバジョで国際病院建設を計画

インドネシア政府は、東ヌサトゥンガラ州ラブアンバジョに国際病院を建設したい考えだ。それに向け、現在、投資家を探しているという。6月26日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ラブアンバジョはエコツーリズム向けの特別経済区(SEZ)として、これまでに世界から数多くの人が訪れていることから、国際病院を整備することで、滞在環境の改善やさらなる来訪者の取り込みを目指す。 現在、ラブアンバジョにある国際病院は、インドネシアのコングロマリット(複合企業)リッポー・グループが建設した「シロ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:

Find Another news