Archives : ライオン

ウィングエア オーバーラン 乗員乗客けが人なし

12月25日午後6時45分頃(現地時間)、格安航空ライオンエア傘下のウィングエア社の飛行機が、中部ジャワ州スマランのアフマド・ヤニ空港の滑走路で着陸直後にオーバーランをした。バンドンからスマランまで飛行した後だった。豪雨と強風の中、最終着陸態勢に入ったが滑走路右側へとスリップ、機体が滑走路から滑り出るオーバーランとなった。 この事故で飛行機の右側のタイヤが破損。4人の乗員と48人の乗客に怪我はなかったが、数人がショックを受け医療チームに手当をされた後に帰宅した。このためスマラン発着のフライトは
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ライオン・エア、滑走路で接触事故 スカルノハッタ空港

1日、スカルノハッタ空港の滑走路において、ライオン・エアの運行するJT026便ジャカルタ発デンパサール行きの旅客機と、JT770便ジャカルタ発マナド行きの旅客機の翼が接触する事故が起きた。両機とも離陸するため、駐機場から滑走路に向かっているところだった。この接触事故により両機の翼が損傷し、しばらく運行停止となった。 ライオン・エアの広報を担当するアンディ・サラディン氏は「損傷の程度は軽く、お客様もパニックに陥ることはなかった。」と地元コンパス紙に当時の状況を話した。アンディ氏は、事故原因の詳
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

ライオン航空がオーバーラン、スラバヤ

東ジャワ州スラバヤのジュアンダ空港で20日午前11時ごろ、バリックパパン発スラバヤ行きのライオン航空JT263便(ボーイング737型)が着陸に失敗し、オーバーランした。前輪が滑走路から2メートル外に出た形で停止した。乗客、乗員にけが人はない。事故の影響でジュアンダ空港は午後3時30分まで閉鎖された。これにより、スラバヤに到着予定だった7便が目的地をバリに変更。バリ発スラバヤ行きの4便にも遅れが生じた。事故当時は断続的に雨が降り、濡れた滑走路に水たまりができていた。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

ライオン・エアー、客の荷物からの盗みは組織ぐるみ

手荷物からの窃盗が監視カメラに写っていたことから職員らが逮捕されたライオン・エアーで、盗みには手荷物係の半数以上が関わっていたことが明らかとなった。同社の手荷物の仕分けは約20名ずつの4グループが交代で行っているが、逮捕された男の証言ではこのうちの半数を超える職員が盗みを働いていた。これまでに同社の手荷物係2人と警備員2人が逮捕されており、これらの従業員らは過去1年間に同様の盗みを13回行ったと供述している。逮捕された男は警察に対して、勤務歴の長い職員から盗みを行うよう指示され、従わないといじめ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news