Archives : メダン

メダン一家殺害事件 実行犯を逮捕

北スマトラ州のルブックパカムとアイル・バトゥで12日、同州メダン市で起きた一家殺害事件の実行犯ロニ容疑者(21)とアンディ・サプトラ容疑者(27)が逮捕された。現場検証から、この事件の主犯格は溶接工として働いていたアンディ・ララと見られ、警察が行方を追っている。実行犯の2人はアンディ・ララから50万ルピアで殺害を依頼されたことを認めている。 この事件で殺害されたのは、リヤントさん(40)とその妻、義理の父、2人の子供の5人で、その遺体は家の中の別々の場所で発見された。末っ子のキナラちゃん(4)
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

教授殺害の元大学生に終身刑 メダン

北スマトラ州メダン地方裁判所は1月31日、北スマトラ・ムハマディア大学の元学生ロイマルド・サー・シレガル容疑者(21)に対し、同大学の教授(当時63)を殺害した罪で終身刑を下した。検察側の求刑通りの判決となったが、容疑者は不服を申し立て上訴するという。 裁判の終了後、遺族らは裁判官の判決に異議を唱え、大声で容疑者を罵りながら殴りかかろうとしたため、警備員が裁判所の居房へ容疑者を一時的に避難させる事態となった。裁判を傍聴していた被害者の息子は感情を抑えることができず、警備員の合間をぬって容疑者を
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

エアライフル店の店主が射殺される メダン

北スマトラ州メダンで1月18日、エアライフル店の店主が店の前で何者かに射殺される事件があった。死亡したのはインドラ・グナワンさん(45)で、妻と共に出勤してきたところで事件が起きた。 目撃者によると、2人は午前8時15分頃に車で店にやってきた。車から降りた後、妻はまっすぐ店に向かったが、インドラさんは牛乳を買いに隣の店に入った。インドラさんが買い物を終えて自分の店に戻ろうとしたところ、ヘルメットをかぶった犯人が近づき、インドラさんの胸を撃った。 警察は、インドラさんの妻、店の従業員、インドラ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

夫に先立たれた妻 息子を殺害

北スマトラ州メダンで1月15日、主婦のプレティ・ハシブアン(32)が2歳6ヵ月になる息子を殺害した。息子のマンディ(沐浴)が終わった後に刃物で何度も刺し殺害。警察によると、半年前に夫と死別したことが原因でうつ病にかかっていた疑いがあり、精神科医の診断を待っているという。 夫が亡くなってからは兄と同居していたプレティだが、子供を殺害した後、家に一緒にいた2人のいとこにも刃物を振り回し脅しながら「一緒に遊ぼうよ」などと誘い異常な様子を見せた。恐ろしくなった2人は逃げだしたが、1人は刃物により負傷し
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

最も公害がひどい都市はメダンとジャカルタ

環境林業省が14日に公表した調査結果によると、メダンとジャカルタの一部およびバタムが国内で最も大気汚染がひどい都市であることが明らかとなった。 調査は23州の28都市を対象に、4つの指標を中心にして各都市の大気汚染のレベルを判定した。4つの指標は交通の管理度、燃料の質、排ガスの量、主要道路沿いの大気汚染の度合い。 メダンは大気汚染のひどさが突出しており、安全とされる水準をはるかに下回っていた。特に炭化水素系の大気汚染物質の割合が高く、ディーゼル車の排ガスが原因と推測される。また粒子状物質PM
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

麻薬所持で主婦2人を逮捕

41歳と46歳の主婦2人が、メダン刑務所の職員に1キログラムの大麻を所持していたところを発見され、警察に逮捕された。刑務所の入り口で職員に持ち物検査をされた際、所持品の中から大麻が発見された。2人の主婦は、殺人罪で17年間の禁固刑を受けている囚人に面会する予定だったという。 大麻は北スマトラのデリ・スルダン県に住むレガ・ダマラ(19)から入手したと2人は話している。警察はすでにレガを逮捕し、母親を証人として事件の捜査を現地警察に移譲した。2人の主婦は、すでに2回刑務所に麻薬を密かに持ち込んだこ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

テロリストの両親 苦悩

メダンのカトリック教会で自爆テロを起こした18歳の容疑者の両親が、メダン警察に安置されている息子の遺体を見て哀しみに暮れている。 両親は8月30日、取り調べのためにメダン警察を訪れた。「私は法的代理人となり息子に犯行を促した真の犯人を逮捕するために真実を説明する。私はひとときも息子を忘れることができず、モスクで祈りを捧げながら帰らない息子を待ち続けている。昨晩も泣いて眠れなかった。息子は帰ってこない。帰ってこないから、自宅の門の鍵も閉めずに待っている」と哀しい顔つきで語った。 父親は、息子が
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

メダンで男が教会を襲撃 仏のテロに触発され

北スマトラ州メダンでこのほど、男1人が「ヨセフ・カトリック教会」を襲撃した。男はフランスの教会でのテロ事件に触発されて襲撃に及んだとみられている。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が8月29日付で報じた。 メダン警察はすでに、教会を襲撃した疑いで、18歳の男を逮捕した。同警察によると、この男は、フランスのノルマンディー地方ルーアンで7月、イスラム国(IS)のテロリストに教会が襲われ、神父が殺害された事件に影響を受け、メダンの教会を襲ったとされる。 メダン警察の幹部は「容疑者はフランスで
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

元日のクアラナム空港、停電で一時混乱

新年を迎えたばかりの元日、北スマトラ州の州都メダンのクアラナムで、停電により一時的にチェックインが閉鎖される事故が発生した。2日付けの英字紙ジャカルタポストが伝えた。午前5時45分頃に発生した停電により、出発階のチェックイン・システムが動作しなくなり、チェックインに訪れてきていた旅行者らがフロアに溢れかえる事態となった。旅行者らは数時間に及ぶ長いチェックイン待ちの列に並ぶことを強制された上に、手荷物を自らの手で手荷物カウンターにまで運ばなければならなかった。停電は午前10時30分頃に回復。ジャカ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

オーバーステイで禁固6年の実刑判決、メダンの裁判所

北スマトラ州のメダン地方裁判所は7日、パキスタン国籍の被告に対し、滞在期限が切れても不法に滞在を続けるオーバーステイを理由に、禁固6年の実刑を科す判決を下した。さらに2500万ルピア(約1780米ドル)の罰金を払うよう求めている。9日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 検察は禁固1年と罰金5000万ルピアを科すように求めていたため、判決はこれよりは軽いものとなった。 一方、被告の弁護士は控訴の構えをみせている。 被告は2015年8月、メダンのヘルベティア地区で、入国管理局
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news