Archives : メタンフェタミン

タマンサリで麻薬ディーラーを逮捕

 西ジャカルタのタマンサリ警察は9月22日の夜、32歳の男を、同地区で覚醒剤結晶メタンフェタミンの売買を行っていた容疑で逮捕した。 警察は同容疑者のポケットの中から合計42グラムの結晶メタンフェタミン12袋を押収した。警察は1ヵ月前から男が覚醒剤の取引に関わっている疑いで捜査を行い、現行犯逮捕のチャンスを伺っていた。タマンサリ警察のナスリアディ署長は「われわれは1ヵ月も前から男に目をつけていた」と述べると共に、男から覚醒剤を買っていたのは主にこの地区の寄宿舎に住む人々であることを明らかにした。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news