Archives : バンカ島

中国産の覚醒剤を密輸か 容疑者4人を拘束

バンカ島のブリトゥンで4日、国家麻薬庁の職員が4つの小袋に入った計3.5オンス(0.01キログラム)の覚醒剤を発見したとして、4人の容疑者を拘束した。 国家麻薬庁長官のアトリアル氏は「形状からして、中国から密輸されたとみられる。中国はメタンフェタミンの原料が豊富なため、国内で密造することは難しくない」という。国家麻薬庁によると、覚醒剤はインドネシア国内で製造されているのではなく、海外から流入していると確信しており、歓楽街や違法鉱山などで流通しているという。 身柄を拘束された4人の容疑者の
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news