Archives : バタム島

豪州ブラックマジック、バタムに生産拠点

オーストラリアのブラックマジック・デザインのシンガポール子会社ブラックマジック・デザイン・マニュファクチャリング(BDM)は12月に、リアウ諸島州バタム島に生産拠点をオープンする計画だ。投資額は400万米ドルに上る。 新たな生産拠点はバタム島のバタミンド工業団地に立地し、12月には従業員少なくとも150人体制で、生産を開始することになる。 一方、今回の事業に当たり、BDMがバタムを訪問したのは2カ月前で、その後、バタムの当局から3時間以内に投資許可を得たという。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

結婚式代金12億ルピアを横領

リアウ諸島州バタム島で結婚式場の代金12億ルピアを横領した女が逮捕された。10日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 女の名はシアン・リンで別名オン。年齢は25歳で結婚式関連事業会社の社員だった。リンは14組の結婚式代金総額12億ルピアを使い込んだ疑いがある。北ジャカルタ警察によると、リンは北ジャカルタのクラパ・ガディンにあるキャサリン・ウェディング・アンド・フォト社に勤めていた。同社の社長であるスジャディ・スリプト氏(35)が、リンが顧客を騙していることに気づき警察に届けたと
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

オンライン売春の取り締まりを強化、バタムの警察

リアウ諸島州バタム島の警察がインターネットを使った「オンライン売春ネットワーク」の摘発に力を入れている。1日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 バレラン警察は先に、オンライン売春に関与したとして女10人を逮捕した。10人はインターネット経由で顧客と接触して、売春行為を行っていたとされる。警察は同時に、支払い担当者やブローカー、売春あっせん人を逮捕したという。 警察はこれまでに、インターネットを使った売春の拡大を受け、捜査を広げている。捜査を通じて、オンライン売春サイト「バタ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news